幼稚園の夏休みを利用して外壁補修工事です!

#神戸市灘区外壁塗装 #外壁塗装神戸市灘区 #神戸外壁塗装 #幼稚園塗装 #外壁補修工事 #幼稚園夏休み #株式会社かやきり #神戸塗装職人 #塗装職人猛暑 #猛暑日





こんにちは!

毎日暑い日が続きますね。

今日も引き続き40℃に近い気温になったようで、もうこうなると危険すぎる暑さとしかいえません。







本日の現場は幼稚園のオーナー様より子供たちの夏休み期間にと…
先生方も夏休み返上で忙しくされています!!


幼稚園外壁現状


既に古くなった庇や電球等を取替えしており、それによって生じた外壁の補修工事の依頼です!!


最初の工程は、

外壁補修カチオンフィラー


外壁補修カチオンフィラー


庇の設置場所が大きさから少し移動し、元の庇を外した箇所の外壁の凸凹を埋めて段差をなくすために、お馴染みのセメント系のカチオンフィラーでコテと刷毛を使い滑らかにしていきます!!


外壁目地シーリング


続いて、外壁と外壁のつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋めていきます!

このシーリング工事は外壁塗装前の重要な作業工程であり、雨漏りを防ぐ防水性があります。

外壁下地処理終了


本日はこちらの下地処理で作業終了です。

明日以降は下塗りからの塗装工程に入りますので、施工完了状況をまたお伝えしたいと思います。



住まいとお客様の声を聴くホームアドバイザー
株式会社かやきり








神戸市戸建ての改修工事は外壁補修の差が今後の状態を左右する!

#神戸市灘区外壁塗装 #外壁塗装神戸市灘区 #神戸戸建て塗装 #戸建て塗装神戸 #神戸塗装職人 #猛暑日塗装職人 #外壁塗装補修 #神戸塗装 #株式会社かやきり




こんにちは!

今年の暑さは昨年より身体に堪える気がします…

コロナの感染者も増加しているので気が休まらないですし、先が見えない毎日がツラく感じます。

気持ちだけは前向きに、今いただいた仕事を続けていこうと思います。







さて、築45年戸建ての改修工事のそれからと言いますと…

外壁の補修作業に入っております。

外壁ひび割れ

今回は外壁のひび割れが永年劣化で深い(写真上)

①ひび割れに沿ってダイヤモンドカッターでV字に削る

②削った部分に補修の為のシーリング材で埋める(写真下)



続いての工程は…

外壁ひび割れ部カチオンフィラー

外壁ひび割れ部補修


外壁の凹凸を埋めて段差なくするようセメント系のカチオンフィラーで滑らかにしていきます!!


それから~それから~

外壁補修跡既存模様合わせ

外壁補修後既存模様合わせ

塗装前の補修作業のラストは…

補修後の外壁はセメント色が残ったままなので、既存の外壁模様に合わせるよう専用のカットローラーを使って職人技術を駆使して外壁を作り上げ、一連の外壁補修作業は完了です!!

外壁塗装はこれらの下地処理がとても重要です。



この下地処理をどのくらい丁寧に仕上げるかによって、

塗装後の外壁をいい状態で保てる年数に差がでてきます。


最終的には中塗り・上塗りで見えない部分にはなってしまいますが、だからこそ当社では決して手を抜かない重要視している工程です!





今後も大変身する改修工事の状況をお伝えしていきますね。

いつも読んでいただきありがとうございます。





住まいとお客様の声を聴くホームアドバイザー
株式会社かやきり

外壁塗装は下地処理を甘く見てはいけない!甦れ!築40年のビルパート2

築40年3階建てビルの外壁塗装の大規模修繕工事はあれからどうなったかと言いますと?!


窓サッシ廻り養生・プライマー塗り

窓サッシ廻りシーリング

おはようございます!

コロナで気持ちも沈みがちですが、こんなときこそ、元気に明るく、口角上げて頑張っていきましょう!

さて、築40年のビルですが、


窓のサッシ廻りに新しくシーリング材を打ち換えるために、


マスキングテープで養生した後、シーリング材が密着しやすいようにプライマーを塗り、


その後シーリング材で埋めていきます。


このシーリングをする目的は、

つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性

日本全国どこでも起こる可能性のある地震で建物が大きく揺れた際

「伸縮性により建物を守る耐震性
があります!

それほど大切なんです!!


建築と同じですね。


基礎がグラグラだとどんなに立派な家でも、壊れてしまいます。





さて、続いての工程は、


前回のブログでお伝えさせていただいた外壁の浮きの剥離(はがす)作業後・・・



外壁を塗装する前に補修していきます!

外壁補修1
外壁補修2


外壁をはがしたところを段差なく、見た目もキレイになるように


セメント系のカチオンフィラーで滑らかにしていきます!!


外壁塗装はこれらの下地処理がとても重要です。



この下地処理をどのくらい丁寧に仕上げるかによって、


塗装した外壁をキレイな状態で保てる年数に差がでてきます。


下地処理に始まって、下地処理に終わるとも言っても過言ではありません!!


いよいよ次回はメインの外壁塗装の工程に入ります!

築40年ビルの今後の大変身!! また更新していきますのでお楽しみに!!





住まいとお客様の声を聴くホームアドバイザー
株式会社かやきり

築40年のビルを外壁塗装で甦らせます!


築40年3階建てビルの大規模修繕工事が始まりました!

築40年ビル




こんにちは!早いものでもう3月も終わりですね!


さて、今回のお客様は、今まで部分的な補修は行ってきましたが、築40年で初めてビル全体を甦らせたいと依頼をいただきました!!



今回は、約1カ月の工事期間を予定しています。



足場設置



足場設置完了後には、まず外壁の浮きの剥離(はがす)作業から・・・


外壁浮き剥離
外壁浮き剥離



キレイな状態で外壁を長持ちさせるには、この下地処理がとても重要になります。




続いて、窓のサッシ廻りの劣化したシーリングを打ち換える為に、既存のシーリングを少しずつ丁寧にに職人が撤去していきます。
サッシ廻りシール撤去




これからこちらの築40年のビルの大変身!!を随時更新していきますので、お楽しみに!!



住まいとお客様の声を聴くホームアドバイザー
株式会社かやきり